埼玉の土壌調査について

土壌調査とは?

土壌調査とは、一般的に重金属、農薬、有機溶剤などが健康被害を与える有害物質が土壌の中にどの程度、
含まれているのかを調べることを指します。

農薬や有機溶剤、重金属などを直接的に手に触れることはなくても、
気が付かない間に間接的に摂取している可能性も考えられます。

土壌に含まれている有害物質については、
またのちほど詳しくご紹介していきたいと思います。

それでは、なぜ土壌調査を行う必要があるのでしようか。

近年は、空気環境が悪化しており、土壌に含まれている有害物質がどれぐらい出ているか、
どの程度人体に影響を及ぼすかについては、
目に見えない部分ですから、きちんと調査をしないとその実態を十分に把握することはできません。

埼玉県の土壌調査の現状を見ると、
ダイオキシンなど空気環境の悪化により、
土壌調査を不定期、または定期的に行うことによって、
生活環境を把握するとともに、健康被害など影響が出ていないか、知ることができます。

もちろん、土壌調査が必要なのは埼玉県ではなく、
全国どこでも土壌が汚染されている可能性がありますので、
念入りに調査を行う必要があります。

 

土壌汚染について

土壌に含まれている有害物質は、直接的に摂取する、
または間接的に摂取するという2つの経路があります。

直接的な摂取として、土壌を直接手に触れることによって、
有害物質が皮膚から吸収される、
または土壌の成分が飛散して口や鼻に入る可能性があります。

とくに、農業に従事している人は、土に触れる機会が多いので注意が必要です。

間接的な摂取として、大雨が降り、
土壌の中に含まれている有害物質が地下水に流れ込み、そのお水を飲用すること、
またはそのお水が手に触れることによって、
有害物質が体内に取り込まれる可能性があります。

または、汚染された土壌の中で栽培された野菜や果物などの農作物を口に入れることで、
人体に健康被害を及ぼす可能性があります。

汚染された土壌で栽培された農作物を家畜が食べて、
人間がその家畜を摂取することによって、健康被害をもたらす可能性もあります。